「探偵になりたい」 パーネル・ホール & 同じ服装の人

事故調査員のスタンリー。弁護士に頼まれて、アパートの階段等で怪我をした
人の話を聞き、それを訴訟するために事故現場の写真を撮るような
仕事をしています。妻と子供一人をもつ、中年の主人公です。

冴えない仕事、冴えない給料、冴えない住まい。
今回は、事務所にやってきて殺人の手伝いをして欲しいという
依頼者が現れます。もちろん断るのですが、翌日その男が殺されたことが
わかって、事件に巻き込まれていきます。

すらすら読めるユーモアミステリーです。

そういえば新宿御苑に行ったとき、私たち夫婦と同じような服装の
人とすれ違いました。

夫は、茶に緑やブルーの細いストライプが入ったシャツに、
グレーのカーゴパンツ。私は、黒のタートルネックシャツに
ベージュのパンツ。芝生広場を歩いていました。

すると、そこに30代後半くらいの、夫と同じような柄のシャツに
黒のチノパンの男性と、私と同じ色の組み合わせのジャケットとパンツの
女性がやってきたのです。(・o・)

思わず「ハハッ。」と笑うわたし。向こうの男性も「同じような格好だよ。」
ウチのダンナも「似ている…」と思わず声をあげてしまいました。


そんなこともあるんですねぇ、ちょっと面白かった。(^○^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック