「本所深川ふしぎ草紙」 宮部みゆき

画像


深川七不思議を題材に、江戸時代の人情ミステリーが楽しめます。1.片葉の芦 2.送り提灯 3.置いてけ堀 4.落葉なしの椎 5.馬鹿囃子 6.足洗い屋敷 7.消えずの行灯の7作品です。

私は昔話として「置いてけ堀」だけは知っていたのですが、どの話しももとの七不思議を上手にアレンジしてミステリーに仕上げています。

私が一番気に入ったのは「足洗い屋敷」です。繁盛している料理屋の旦那さんに、2度目の奥さんがきます。それはきれいな女性で、母親を亡くしたおみよは大喜びです。しかし、その後添えがきてから、おみよの部屋に幽霊のような女の子が現れるようになったのです。それは何の予兆なのでしょうか?

さて、今日会社であった面白いことです。コピーをとっていると、10歳以上年下の男性の上司が来て「1枚だけコピーをしてもいいですか?」と聞くので
「どうぞどうぞ。」と言ってコピー機の前からどきました。
そうしたら、「どうぞどうぞなんて2回も言わずに(ここでにっこり笑って小首をかしげて作り声で)『どうぞ♪』って1回言ってくれればいいんですよ。」って言うんです!

それは、何を私に求めているんですか~。優しい上品な感じのおば様をもとめているのでしょううか?びっくりして何人にかに話してみましたが、みんな唖然として明確な答えが帰ってきませんでした。ただの冗談かな?

写真は、またもや「白い恋人パーク」です。あすこは写真の撮りがいがありますね。なお、写真はほとんど夫が撮っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック